エラ削り(下顎角形成)の整形手術の体験談と評判

美容整形で小顔を手に入れ今は喜びそして安心


次に、エラ削りの評判について述べます。エラ削りは、大きく横に張り出したエラを除去するので、大きな小顔効果が期待できます。しかし、削られすぎると、ムンクの叫びのように頬がげっそりしてしまったり、陥没する恐れがあるので、切除量には注意が必要です。また、エラを削ると、逆に顎先の長さや広さが目立つようになったり、U字の輪郭になってしまう場合があるので、顎先の手術との併用をお勧めします。術後の唇の麻痺は一時的なものですが、医師があやまって神経を傷つけてしまった場合、後遺症として残る場合があります。弛みに関しては、個人差がありますが、顔の皮膚が厚い方や脂肪が多い方は生じてしまうこうとが多いです。弛みが生じた場合、顔が大きく見えるという逆効果を招きかねないので、ミニリフトや糸のリフトで引き上げる必要がでてきます。エラの手術を受ける場合は、弛みも考慮して受ける必要があります。


顔イラスト